ヒザの黒ずみにはとにかく保湿あるのみ

ヒザの黒ずみにはとにかく保湿あるのみ

ヒザが黒ずんでいる人っていますよね。私もそうでした。というか、今でも油断すると黒ずみます。油断しなければきれいでいられます。

油断しないってどういうことかというと、お風呂から上がったら即保湿するということです。ここでちょっと鏡を見て髪の毛を直してみたり、肌の調子を見てよしよし、とかちょっとここが赤いな、なんて思っているうちに体はどんどん乾いているので、ここが油断するかしないかのボーダーラインかと。

ヒザが黒ずむということは昼間、洋服やタイツやストッキングで多少なりとも摩擦がおきていると思うんですよ。想像ですけど。これかなり当たってると思います。

そして、お風呂上りに油断せず保湿することで固くなってしまった部分を柔らかく保ち、黒ずみが解消されるんだと思います。最近、お風呂の中で塗るローションとかも出てるじゃないですか。あれも、保湿せよ、ということだと思うんですよね。

確かに肌質によってすべての方にそれが言えるかというと、それはわからないですが、乾かない気がするだけで乾いてますよ、ということは割とあると思います。

少なくとも私の場合、長年治らなかった背中ニキビが綺麗になりましたし、ヒザも綺麗になりました。知らないうちに乾燥していたんだなと思います。クセにしてしまえば、お風呂上り、体に水滴がまだついている状態でささっとミルクやオイルを塗るのは簡単です。

1分2分くらいのものです。なんならお風呂場に持っていって上がる前に塗ってもいいんです。かゆいとか黒ずむとかいった体のトラブルが解決するかもしれませんしょ。

↑ PAGE TOP